FC2ブログ

医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

情報格差-産科医療の崩壊1

 ここで、最近社会問題になりつつある、産科医療の崩壊について、考えて見ましょう。この問題は、産科医が次々とお産をしなくなり、あるいは廃業して、生む場所がなくなっている、という現象です。

 正常の分娩・妊娠は病気ではないので、日本では社会保険の給付対象とはなっていません。従って、我が国では珍しい自由診療(自費診療)が行われています。ただし、組合や自治体などから出産見舞金のようなものが支給されて、一部は補填されますし、母子に異常があれば、疾病として社会保険や助成金の給付対象になります。

 産科医療は、基本的には市場原理のもとで運用されているのですから、今回起こっている現象は医療の市場化を考えるうえでの、よい実例になります。


 出産は本来危険なものです。日本の妊産婦死亡率および周産期死亡率は世界最低水準(つまり医療水準は世界最高レベル)ですが、それでも出生10万件あたり4,4名の妊産婦が死亡し、周産期死亡(死産もしくは早期新生児死亡)は出生1000件あたり3.3件にのぼっています。

 ところが、両親は出産のリスクをそれほど強くは認識していません。また出産にかかわる無過失保険もありませんので、出産にかかわるトラブルは訴訟になりやすいのです。ただし、異常分娩の医療費は保険などで充当されます。    

 このように、両親と医師との間でリスクに関する認識の相違があることが、第一の問題点です。

 妊婦検診などで事前に異常が指摘されている場合には、主治医も十分な説明ができますし、両親にも受け入れる時間があります、しかし、突然に起こった異常では、このような時間的猶予はありません。また、選択肢も限られたものになります。

 事態が緊急的であるほど、両者の持つ情報の格差は大きくなり、これを解消する手立ても限られてくるわけです。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/10/29(月) 22:12:45|
  2. 医療崩壊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<報道と信用毀損-産科医療の崩壊2 | ホーム | リスク回避 保険 期待効用-医療の市場化4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emed.blog123.fc2.com/tb.php/7-8bbc622b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。