FC2ブログ

医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

救急医療システムの課題(1)-医療資源の集中と迅速な搬送

 救急医療では、厳しい時間的・空間的制約をともなうため、医療資源効率的利用が不可欠です。
 
 致死的な外傷では、時間とともに救命できる確率が急速に減少してしまいます。急性心筋梗塞などの重篤急病でも、同じ傾向が見られます。従って1分でも早く治療を開始しなければなりません。

 一方、事故や災害は定期的に起こるものではなく、その規模にも大きなばらつきがあります。常時最悪状況に備えた準備をすると、多くの人員・設備が遊んでしまうことになるため非効率です。逆に準備がひどく過少だと、いざという時に対応ができません。事が起きてから手配をしても、時間・空間的制約のため手遅れになってしまうからです。

 この問題は、古来担当者を悩ませてきました。

 解決法の一つは、医療資源傷病者をできるだけ少ない箇所に集中することです。大数の法則によってばらつき平準化され、また繰り返しにより習熟度が高くなるため、効率が上がります。

 また、傷病者を一定時間内に一箇所へ集中するには、迅速な搬送が不可欠です。搬送手段の速度地勢的制約によって、その救急医療システムが有効に稼動できる空間的限界が決まります。

 都市部のように、傷病者の空間的発生密度高く、高い山などの障害がない場合には、自動車救急車)による迅速な搬送が可能です。

 一方、人口密度が低く、広い面積を対象とする場合や、島嶼・山岳地帯のように交通上の障壁がある場所では、搬送手段航空機船舶などを用なけれななりません。

つづく

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/12/16(日) 17:34:58|
  2. 救急医療制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<救急医療システムの課題(2)-トリアージ | ホーム | 消費税と高齢者の格差拡大>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emed.blog123.fc2.com/tb.php/37-54462ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。