FC2ブログ

医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社会福祉は経済成長を阻害する?

 社会福祉は単なる社会コストであり、少ないほどよいとか、福祉の高負担国際競争力阻害する、という論調をよく耳にしますが、必ずしもそのようなことはありません

 公的年金失業保険生活保護などは、受給者に現金が給付されるので、直接にその人の所得となります。これによって退職者失業者への所得移転がおこり、低所得者の生活を安定させるとともに、消費を増やします。

 公的医療保険介護保険では現物が給付されます。医療には高度な診断・治療機器薬剤建物情報システムなどが必要ですので、これらの関連産業にお金が回り、経済を拡大します。また、医療介護では、膨大な雇用が創出されます。特に高齢化の進んでいる地方雇用確保に大きく貢献します。

 社会福祉には、このように経済拡大活性化する効果があるため、これが増大したからといって、単純に経済成長が妨げられるわけではありません。

 また、社会福祉拡充は、社会保険料雇用者負担分の増加などによって人件費が上がる要因となるので、労働コスト増加によって国際競争力阻害される、というのも必ずしも正しくありません

 労働コストが高いと、低賃金に依存するような生産性の低い企業淘汰されてしまうため、むしろ生産性の高い企業が残って国際競争力は高くなる場合があります。

 北欧社会民主主義的レジームの国は、高い国民負担率にもかかわらず、国際競争力の高い企業を持って輸出を行っています。特にスウェーデン2006年度GDP成長率4.4%で、日本よりはるかに高いのです。

 少なくとも、単純に社会福祉経済成長を阻害する、と考えるのは、間違いです。 

 現実は、それほど単純ではありません。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/12/07(金) 00:14:47|
  2. 社会福祉と経済成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<公的年金保険のややこしいところ(1)-賦課方式 | ホーム | 日本型社会福祉国家レジームの特徴と課題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emed.blog123.fc2.com/tb.php/33-5a090638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。