医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

救急医療の公共性

 医療公共財ではなく価値財とされていますが、救急医療にはやや異なる面があります。(以前のページ参照)

 現在の日本では、交通事故で動けなくなっても、誰かが119番に電話をすれば、速やかに救急車がやってきて病院へ収容されます。このようなシステムは、自然にできたものではなく、18世紀末にフランスの軍医ラーレーによって考え出されたものです。

 もともと怪我や急病への対応は当事者の責任であり、家族帰属集団内の相互扶助によってある程度支えられていました。また動けない戦傷者の多くは戦場に放置されて死亡するのが普通でした。これに対して、ラーレーは戦傷者を救出して治療を行う軍事システムを考え出し、ナポレオンが部隊として組織化したのです。

 馬に乗った軍医と衛生兵、そして救急車(馬1頭が引く軽量の2輪馬車)からなる機動性の高いチームを多数編成し、このチームが戦場を駆け回って戦傷者を1箇所に集めます(迅速な搬出)。そして、医療用資器材や軍医などをここに集中します(医療資源の集中)。さらに、集積した傷病者を選別して治療優先度の高いものから治療を行っていきます(トリアージ)。

 このシステムが効率よく機能したため、ラーレーの部隊はワーテルローでナポレオンが破れるまで、全ての会戦に参加しています。

 世界各国の軍隊は次第に類似の部隊を編成し、また現在までに装備は大幅に近代化されてきましたが、救急医療システムのコンセプトはラーレーの時代と全く同じです。

 第二次世界大戦終了後に、先進諸国では自動車が爆発的に増加し(モータリゼーション)、同時に交通事故急増しました。、これに対して、ラーレーのシステムが平時社会システムとして導入され、その後、急病に対しても対応すべく拡大されて現在に至っています。

 救急医療システムに一部公共財としての性質があるのは、非排除性を伴うためです。

 戦傷者はもちろん、交通事故による重症外傷や道端で倒れた急病人を対象にする場合、任意の傷病者をシステムから排除するのは困難です。このため、救急医療システムの多くは公共セクターが担当し、税金などでまかなわれています。

 ただし、平時における救急医療システムの限界費用はゼロではありません。

 一旦公共の救急医療システムができると、モラルハザードや”ただ乗り"による過剰供給がおこり、コストが膨れ上がる、という問題があります。
 
 ラーレーの考案したシステムは、医療資源の効率利用の原則を示しています。中でも選別(トリアージ)は、非効率性の解消に対して有効な手段ですが、我が国では主に政治的な理由で行われてきませんでした。

 つづく
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/12/02(日) 01:31:58|
  2. 救急医療制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<救急医療と安全保障 | ホーム | 中医協やっと値下げを止める-医療崩壊はこれからです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emed.blog123.fc2.com/tb.php/29-4be24fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。