医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

対米政策とバブルの発生-日本ほ経済がこうなった理由(1)

 社会福祉にはお金がかかりますので、その質の向上経済成長に大きく依存します。従って、日本経済がなぜ今の状態になっているのか、今後どうすべきなのかを考えなくてはなりません。

 これには、対米関係などが大きく影響していますので、まずはこれまでの経緯を振り返ってみましょう。

 第二次世界大戦のあと1971年まで、米ドルは金と兌換性があり揺らぐことのない基軸通貨ででした、円もドルとの固定レート(1ドル360円)によって価値が固定され、日本は安い円のもとで、現在の中国と同様に、輸出を基軸にした高度経済成長を続けていました。

 ところが米国は、ベトナム戦争などのため膨大なドルを発行し、このために財政赤字インフレが進行して、ドルの価値を維持するのが困難になりました。そして1971年にドルと金との兌換を停止したのです。

 当然ながらドルは暴落し、1973年には円を含めた主要国の通貨は全て変動相場制に移行しました。これが、ドル・ショックです。日本は、急激な円高によって輸出が落ち込み、大きなダメージをうけることになりました。

 そこへ1973年の中東戦争と1979年のイラン革命により起こった2度のオイル・ショック(石油の高騰)が追い討ちをかけます。石油依存産業がダメージを受け、不況とコストプッシュ・インフレによって日本経済は大混乱となり、長い低迷が続きました。

 この間にも米国は戦費の調達などのためにドルの乱発を続けたため、財政赤字インフレが続き、さらに世界中にお金が余っていきます。

 1979年、この事態に対応するため、FRB議長のボルカーはFRB準備金を引き上げて、高金利を誘導したため、米国は不況に陥ります。

 そして1980年、強いアメリカをスローガンにしたドナルド・レーガンが大統領になり、レーガノミクスと呼ばれている次のような経済政策を実行しました。
 1.大規模な所得税減税
 2.規制緩和
 3.歳出削減
 4.金融引き締め(高金利)。
 しかしながら、軍事支出や社会保障費の増加などのため歳出削減はできず、政府支出は増加しました。

 これによって米国の景気は劇的に改善しましたが、財政赤字貿易赤字は膨れ上がり、また高金利によるドル高が続きました。

 米国の景気回復によって日本の輸出も増え、自動車や電機、ロボットなどの輸出を中心にして日本経済は立ち直りましたが、日本の貿易黒字と米国の貿易赤字は増加してゆき、米国の財政赤字とともに限界に近づいていきます(双子の赤字)。

 1983年に来日したレーガン大統領は、ドル高円安の是正と日本の対米貿易黒字削減のため、金融市場の開放を迫りました。しかしながら、金融市場開放後にも双子の赤字は変わりませんでした。

 その後再選を果たしたレーガン政権は、双子の赤字を整理するため、ドルを下げる政策に転換します。1985年にはG5で国際協調によるドル安政策が合意されます(プラザ合意)。

 これをうけて、澄田日銀総裁は翌年から公定歩合の大幅な引き下げと円買いドル売りを行い、急速な円高ドル安が進行しました。

 この後の円高があまりにも急激であったため、1986年から日銀は円売りドル買いを行いました。これによって、国内金融市場に過剰な円資金が流入することになります。

 さらに同年、前日銀総裁の前川春雄を座長とする「国際協調のための経済構造調整研究会」は、市場開放内需拡大を目指した報告書(前川リポート)を提出し、これに基づいた低金利政策公共投資が行われます。

 こうして過剰流動性が生じ、土地は青天井に上昇してゆき、日本経済はバブル目指してまっしぐらに進むことになります。

 つづく
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/11/17(土) 15:41:03|
  2. 社会福祉と経済成長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バブルの崩壊-日本経済がこうなった理由(2) | ホーム | 医療崩壊はこれからです(2)-混合診療解禁か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emed.blog123.fc2.com/tb.php/22-f4ac0789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。