医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福祉国家レジームと日本の社会保障制度


 1990年にエスピン・アンデルセンというデンマークの社会学者が、福祉国家クラスター分析により3つに類型化し、福祉国家レジーム(→wiki)という概念を提唱しました。
 様々な異論はあるものの、現在でもこれが社会保障制度を考えるうえでの基本になっています。

福祉資本主義の三つの世界 (MINERVA福祉ライブラリー)

 分類の主な要素として、社会権の脱商品化(社会権が市場経済から分離されている度合い)、社会的階層化(社会政策によりどのような階層化が行われているか)が用いられ、また類型は雇用に大きく影響することが示されています。

 社会民主々義型福祉国家レジームは、スウェーデンやデンマークなどの北欧諸国に見られるものです。同一労働同一賃金完全雇用が原則で、最も脱商品化の程度がくなっています。社会福祉や雇用は政府により提供されますが、維持するのに膨大な財政負担を要し、、国民負担率は高くなります。社会福祉部門の公務員として、多くの人員が雇用されています。

 、自由主義型福祉国家レジームは、米国などに見られるものです。労働者も市場原理に委ねられているため、脱商品化の程度はくなります。福祉は市場から個人の負担能力に応じて提供され、社会福祉や雇用に対する国家の介入は貧困層などに対し最小限にとどめるため、国民負担率は低くなります。

 保守主義型福祉国家レジームは、ドイツなどの欧州大陸諸国にみられるもので、家庭職域集団が福祉を提供し、政府は不足部分に対する補完的保障を行います。脱商品化は中等度とされています。職域労働組合に加入している労働者は保護されますが、それ以外は排除されるため、失業率が高くなります。
 また、国家が政策を主導する国家主義国家コーポラティズム(職域集団が高度に組織化され、さらに国家に統合された全体主義的体制)が見られます。このような国家では、公務員の地位が高く、特権的福祉を受けているのが特徴です。

 日本や韓国などは血縁による影響度が高く、これらの類型とは異なるという意見もありますが、基本的には保守主義型の福祉国家レジームに近く、自由主義型のレジームの要素も持っていると考えられます。


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2007/11/10(土) 15:29:25|
  2. 社会保障制度
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スウェーデンの医療・年金改革と日本の改革 | ホーム | 混合診療の禁止は違法?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emed.blog123.fc2.com/tb.php/11-26430f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。