医療 社会福祉 経済

医療や介護、年金などの社会福祉政策と経済との関係は、国家の根本にかかわる大きな問題です。また、高齢化と経済成長の鈍化が見られる先進国に共通の難題でもあります。制度をどのように改革すべきか考えましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これからが問題です。

 米国発のバブル崩壊から2年を経て、最初の大波はほぼ通り越しましたが、問題はこれからです。
 米国は、あっさりケインズ的な政策に方向転換して金融政策、財政政策をフル動員したため、何とかデフレに陥らずに留まりました。ただし住宅価格はまだ下がったままですので、追加政策なしに米国経済が上向けるかどうかは、これからの課題です。
 良い要因としては、米国の当事者が馬鹿でないことがはっきりしたのに加えて、中国東南アジアインドなどの経済成長が当分継続することなどがあげられます。一方、EUのスキームの問題点が顕在化してきており、また日本の当事者はあいかわらず腰が引けているため、我が国はデフレから脱却できていません

 今後日本が行うべきことはかなり明瞭ですので、これを整理したいと思います。

 
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/08(土) 22:23:37|
  2. デフレ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
次のページ

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

タグランキング

RSSフィード

My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader

リンク

このブログをリンクに追加する 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

最近のコメント

最近のトラックバック

参考書

このブログに出てくる本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。